iPhone修理料金の傾向

物を直すのにかかるお金をなるべく節約したいという心情は、人間であれば当然抱くものです。
直すのに必要以上にお金がかかるのなら、買い直した方が早い。
そういった思いが転じて、安くないと修理する意味がないと考えてしまうのも無理ないことと言えます。
iPhoneは正規店と非正規店という2種類のお店が修理をしてくれます。
今回は、iPhone修理に必要な料金の傾向について詳しく見ていきましょう。

iPhone修理にかかる料金は、保証期間内であれば正規店での修理の方がお得といえます。
なぜなら保証期間中は事故や過失が認められない不具合に限って、無料で本体を交換してくれるのです。
事故や過失がないというのは、例えば水没させた場合や手元から落としてしまったときなどが考えられます。
こういった原因を経ることなく、突如としてホームボタンが効かなくなった、
短期間しか使用していないのにバッテリーが膨らんでいるといったアクシデントで
iPhoneが不調になったときだけ、無償交換に応じてくれるのです。
アップルケアプラスというサービスに加入している場合は、
上記のような無過失無事故のシチュエーション以外の修理を、保証期間外になった機種にも比較的低価格で実施してくれるのです。
最新機種に至っては、アップルケアに加入しているかどうかで修理費用に済ウマ延安もの差がついてしまうこともあるので、注意してください。

また、正規店での修理においては機種ごとの料金にも差があります。
鉄則として覚えていただきたいのは、新しい機種ほど修理費用が高くつくというものです。
最新機種とそれより数代前のiPhoneでは修理費用が倍以上も違う項目も存在します。
そのため、新しい機種を購入した人は乱暴に扱うことなく、故障を避けるように心がけましょう。
非正規の修理店はお店ごとに修理のラインナップやサービスが変わってきます。
無償交換の対象となっている範囲以外は、基本的に非正規店の方が正規店よりも安く修理してくれる傾向にあります。
非正規店同士を比べる際には、修理費用だけでなく送料や保証期間、保証内容についても比べてみてください。

保証期間とは、修理を終えてからどれくらいの間品質を保証してくれるかというものです。
保証期間が半年であれば、その間は同じ個所が壊れた場合もう1度無料で修理してくれるという非正規修理店も存在します。
こうしたサービスを実践しているお店は、修理の腕に対して自信を持っていることが多いので、
比較的安心して任せられる修理店といえるでしょう。
送料に関しては、お店側が負担してくれるのか、発送時のみお客が負担するのかといった違いが見られるので、
遠くの修理店に依頼しようと考えている人は比べてみる価値がある項目といえます。

本体交換と部分修理

壊れてしまったものを治す方法は、状況や修理主の腕前によって様々なものがあります。
iPhoneは精密機器であり、一般の素人が直すのは骨が折れる機械といわざるを得ません。
そのため、巷では修理のプロフェッショナル達が店を構えて、皆さんの来店を舞っているのです。
今回は、そんなiPhone修理における本体交換と部分修理の違いについて詳しく見ていきましょう。

本体交換とはその名の通りiPhone本体を丸々交換するという修理方法です。
言葉だけ見ると修理していないように思えますが、お客が持っているiPhoneと全く同じ機種を交換するだけなので、
壊れた部分を改善するという修理の目的には適っています。
本体交換という方法で修理をしてくれるのは、アップルストアをはじめとした正規の修理店です。
公式プロバイダのお店でも同様の本体交換をしているので、気になる方は問い合わせてみましょう。
本体交換のメリットとしては、使い込んだiPhoneがほぼ新品の状態になって戻ってくるという点です。
画面割れが原因で修理をお願いした場合でも、本体交換の修理であればその他の部分も比較的新しくなって帰ってきます。

ただし、非正規の修理店よりも修理費用は高くつく可能性も否定出来ませんし、
何よりも修理を終えるまでに数日から数週間はかかってしまうのが問題といえます。
とはいえ、キャリアショップなどにお願いすればiPhoneの代替機を貸してくれるのでご安心ください。
その際にはSIMカードを取り出すだけでなくバックアップのデータをパソコンに残しておく必要があることを覚えておきましょう。
一方で、非正規の修理店では基本的に部分修理を行っています。
部分修理とは読んで字のごとく壊れた箇所だけを修理するというものです。
画面が割れたなら画面のみを付け替えますし、充電器を指すコネクタが不調ならそれを新しいものと交換します。

修理を依頼した箇所以外は自分が使っていたものと全く変わらない姿で戻ってくるのが部分修理の特徴です。
本体交換との大きな違いは、バックアップを取る必要が無いという点にあります。
バックアップを取る手順が複雑だと感じている人には、こちらの方が手軽に思えるかもしれません。
また、部品の状態や故障した箇所の具合によっては即日どころか数時間後には修理を終えたiPhoneが手元にある可能性も大いに期待出来ます。
気を付けていただきたいのは、正規店とは違って純正ではない部品を使っていることも多く、
それによるトラブルを保証しているかは非正規修理店によって異なるという点です。
本体交換と部分修理はそれぞれに特徴があり、皆さんが置かれた状況や予算によってどちらが役立つか変わってくることでしょう。
http://repairhonpo.com/shoplist/yokohama/

タッチパネルが反応しない

今やスマートフォンは携帯電話市場におけるスタンダードとして定着しています。
ほんの10年程前まではいわゆるガラケーと呼ばれている携帯電話が一般的に使われており、
全ての操作をボタンで行うのが当たり前でした。
それが今では画面に触れるという直感的な操作で、様々な作業を行うことが出来るのです。
ボタンが無い分だけ画面が大きくなり、動画を閲覧したりインターネット調べ物をするといった
作業もスマートフォンではより簡単になりました。
iPhoneもスマートフォンの一種ですが、タッチパネルでの操作を繰り返していると上手く動作しなくなることもあります。
そこで今回はタッチパネルが反応しない原因や修理の方法について詳しく見ていきましょう。

タッチパネルは画面と他の物体が接触際に微細な電気が発生し、
それに応じて画面内の事物にアップローチするという仕組みになっています。
そのため、タッチパネルが作動しにくくなるような物理的現象があると、上手く動作しないこともあるのです。
具体的にはチリや埃といった汚れが挙げられます。
粉塵が多い環境でiPhoneを使用しているという人は、iPhone修理店に持ち込む前に画面を綺麗にしてみましょう。

少しだけ湿らせた布でタッチパネルを拭き、すぐに乾拭きして水気を落とします。
これでも反応しない際には、保護フィルムがタッチパネル反応を妨げている可能性も出てくるので、フィルムを外して確かめてみてください。
iPhoneの容量が以前よりも重くなったせいでタッチパネルの反応が悪化しているというケースはよく見られます。
これを改善するには不要なアプリケーションを全て閉じたうえで再起動をかけましょう。
スリープボタンの長押しで電源を切ることが出来ます。

電源を落としたら再度スリープボタンを押し、電源を入れてから操作を再開してください。
iPhoneの充電器を指したまま作業すると、タッチパネルの反応が鈍くなることがあります。
充電器の質によってはタッチパネルの感度低下を招くこともあるという報告もなされているのです。
そのため、なるべく充電中はiPhoneを操作しないようにしましょう。
タッチパネルの反応の悪さをiPhone修理店で改善してもらう方法としては、パネルの交換という手段が挙げられます。
アップルストアなどの正規店では、保証期間内に限り事故や過失が原因でない場合にのみ
画面を無料で交換してくれるので、保証期間の人は問い合わせてみましょう。
そうでないときは、非正規店での交換の方が安く修理してもらえることでしょう。
パネルの状態を修理店に説明し、タッチパネルを交換して欲しいと依頼してみてください。
お店によっては1時間足らずで作業を終えて、新しい画面が付いたiPhoneを手にすることが出来るのです。

バッテリーを長持ちさせるには

皆さんのiPhoneは充電してからどれだけの時間、使用し続けることが出来るでしょうか?
iPhoneはバッテリーに充電することで電力を溜めて、それを消費しながら様々な作業を行う精密機器です。
そのため、バッテリーがどれだけ長持ちするかによってiPhoneを使用出来る時間が決まってきます。
モバイルバッテリーを利用すれば充電が切れてもまた使えますが、
荷物になってしまうのは間違いありませんし、出来ることならバッテリーを長持ちさせたいですよね。
iPhone修理店でもバッテリーの修理は画面破損と同じくらい頻繁に寄せられる修理依頼といえます。
iPhone修理店やアップルストアで交換してもらえば確かに充電持続時間は新品同様のものになります。
しかし、バッテリー交換は無料というわけにもいかず、何年もiPhoneを使用する際にはなるべくバッテリーの劣化を減らす工夫を知っておきたいところです。
今回は、iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法について詳しく見ていきましょう。

iPhoneのバッテリーはリチウムイオン電池を用いているのですが、この性質を理解することが充電を長持ちさせる第一歩です。
リチウムイオン電池の特徴として、充電が満タンからゼロパーセントに近い段階まで
消費するという使い方によって、最も負担がかかるとされています。
すなわち、フル充電になるまで待つよりも9割や8割の段階で充電を止めて使用した方がバッテリーには優しいといえるのです。
充電中の使用を控えるようにという話を聞いたことがあると思いますが、
これは充電している最中にフル充電状態となり、バッテリーに負担をかけてしまうのを予防するための措置ともいえるのです。
さらに気を付けたいのが、バッテリーが置かれている環境です。
リチウムイオン電池はその仕様上、高温化に置かれると劣化してしまいます。

どういうことかというと、寒い場所と暑い場所であれば後者に放置しておいた方が劣化は早く進行するのです。
近年では酷暑という言葉が頻繁に使われる日本の夏は、iPhoneのバッテリーにとって過ごしにくい環境といえます。
冬に関しても暖房が効きすぎて汗をかいてしまう場所にiPhoneを放置するのは止めた方が良いでしょう。
iPhoneの様々な便利機能の源であるアプリケーションは起動しているだけで充電を消費してしまうものもあります。
そのため、無駄なアプリを閉じておくことは、バッテリーを長持ちさせるという意味でも有効です。
iPhone修理店ではバッテリーの修理を受け付けていますが、なるべくバッテリーに負担をかけない生活を心掛けて頻繁な交換をせずに済むよう生活していきましょう。

iPhoneカメラの故障

ほんの数十年前まで、写真はカメラで撮影するのが当然と思われていました。
しかし最近では自分が持っているカメラよりもスマートフォンで撮影する
機会の方が増えているという人も多いのではないでしょうか?
iPhoneを含んだスマートフォンのカメラ性能は年々向上しています。
サイズ感もまるで手の中に納まるカメラですし、何より取り出して
すぐに撮影出来るという手軽さが幅広い世代からスマートフォンでの撮影が支持されている理由といえるのです。
今回は、そんなiPhoneのカメラが壊れる原因や修理の方法について詳しく見ていきましょう。

iPhone修理店に持ち込まれる依頼の中でもカメラの問題は様々な原因によって引き出されるトラブルといえます。
最初の問題はカメラのレンズです。
iPhoneとはいえカメラとしての機能を備えているわけですから、当然ながらレンズが存在します。
大抵は画面の裏側と画面側の2カ所にカメラがありますが、撮影する際レンズが汚れていたり、
割れたりしていると上手に画像を撮影することが出来ないのです。

撮影した画像にゴミのようなものが映っている、
影のようなものがあって対象物を上手く捉えられないといった場合は、レンズに異常がないか確認してみましょう。
iPhoneではアプリを起動させるという形でカメラを利用しますが、
あまりにもたくさんのアプリを立ち上げているとカメラアプリが上手く起動しない場合があります。
そのため、使用していないアプリは閉じてからカメラモードに切り替えた方が、スムーズに撮影に移行することが出来るのです。
これでもカメラが上手く動かないときは、一度iPhoneの電源を切ってからもう一度カメラモードに切り替えましょう。
iPhoneに導入されているOS、いわゆるiOSがアップデートされていないと、カメラが上手く動かないケースが見られます。
古いままでいるという人はいますぐアップロードして、カメラの状態を確かめてみてください。

レンズの汚れが原因の場合は自分でクリーニングをするという対処法もあります。
埃を取り除くだけなら粘着力のあるテープや柔らかい布で優しく擦ってあげると、レンズをピカピカにすることが出来ます。
強く擦ってしまうとレンズに傷が付くことも少なくないので慎重に行ってください。
iPhone修理店ではレンズの交換をはじめとしたカメラとトラブルに対処してくれます。
しかし、修理に出す前に故障の原因や状態をユーザー側が知っておくことで、修理業者に適切な説明をすることが可能になるのです。
日頃からiPhoneカメラを使うことが多いという人は、こまめに状態をチェックして撮影を滞りなく行えるように配慮しましょう。