タッチパネルが反応しない

今やスマートフォンは携帯電話市場におけるスタンダードとして定着しています。
ほんの10年程前まではいわゆるガラケーと呼ばれている携帯電話が一般的に使われており、
全ての操作をボタンで行うのが当たり前でした。
それが今では画面に触れるという直感的な操作で、様々な作業を行うことが出来るのです。
ボタンが無い分だけ画面が大きくなり、動画を閲覧したりインターネット調べ物をするといった
作業もスマートフォンではより簡単になりました。
iPhoneもスマートフォンの一種ですが、タッチパネルでの操作を繰り返していると上手く動作しなくなることもあります。
そこで今回はタッチパネルが反応しない原因や修理の方法について詳しく見ていきましょう。

タッチパネルは画面と他の物体が接触際に微細な電気が発生し、
それに応じて画面内の事物にアップローチするという仕組みになっています。
そのため、タッチパネルが作動しにくくなるような物理的現象があると、上手く動作しないこともあるのです。
具体的にはチリや埃といった汚れが挙げられます。
粉塵が多い環境でiPhoneを使用しているという人は、iPhone修理店に持ち込む前に画面を綺麗にしてみましょう。

少しだけ湿らせた布でタッチパネルを拭き、すぐに乾拭きして水気を落とします。
これでも反応しない際には、保護フィルムがタッチパネル反応を妨げている可能性も出てくるので、フィルムを外して確かめてみてください。
iPhoneの容量が以前よりも重くなったせいでタッチパネルの反応が悪化しているというケースはよく見られます。
これを改善するには不要なアプリケーションを全て閉じたうえで再起動をかけましょう。
スリープボタンの長押しで電源を切ることが出来ます。

電源を落としたら再度スリープボタンを押し、電源を入れてから操作を再開してください。
iPhoneの充電器を指したまま作業すると、タッチパネルの反応が鈍くなることがあります。
充電器の質によってはタッチパネルの感度低下を招くこともあるという報告もなされているのです。
そのため、なるべく充電中はiPhoneを操作しないようにしましょう。
タッチパネルの反応の悪さをiPhone修理店で改善してもらう方法としては、パネルの交換という手段が挙げられます。
アップルストアなどの正規店では、保証期間内に限り事故や過失が原因でない場合にのみ
画面を無料で交換してくれるので、保証期間の人は問い合わせてみましょう。
そうでないときは、非正規店での交換の方が安く修理してもらえることでしょう。
パネルの状態を修理店に説明し、タッチパネルを交換して欲しいと依頼してみてください。
お店によっては1時間足らずで作業を終えて、新しい画面が付いたiPhoneを手にすることが出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA