本体交換と部分修理

壊れてしまったものを治す方法は、状況や修理主の腕前によって様々なものがあります。
iPhoneは精密機器であり、一般の素人が直すのは骨が折れる機械といわざるを得ません。
そのため、巷では修理のプロフェッショナル達が店を構えて、皆さんの来店を舞っているのです。
今回は、そんなiPhone修理における本体交換と部分修理の違いについて詳しく見ていきましょう。

本体交換とはその名の通りiPhone本体を丸々交換するという修理方法です。
言葉だけ見ると修理していないように思えますが、お客が持っているiPhoneと全く同じ機種を交換するだけなので、
壊れた部分を改善するという修理の目的には適っています。
本体交換という方法で修理をしてくれるのは、アップルストアをはじめとした正規の修理店です。
公式プロバイダのお店でも同様の本体交換をしているので、気になる方は問い合わせてみましょう。
本体交換のメリットとしては、使い込んだiPhoneがほぼ新品の状態になって戻ってくるという点です。
画面割れが原因で修理をお願いした場合でも、本体交換の修理であればその他の部分も比較的新しくなって帰ってきます。

ただし、非正規の修理店よりも修理費用は高くつく可能性も否定出来ませんし、
何よりも修理を終えるまでに数日から数週間はかかってしまうのが問題といえます。
とはいえ、キャリアショップなどにお願いすればiPhoneの代替機を貸してくれるのでご安心ください。
その際にはSIMカードを取り出すだけでなくバックアップのデータをパソコンに残しておく必要があることを覚えておきましょう。
一方で、非正規の修理店では基本的に部分修理を行っています。
部分修理とは読んで字のごとく壊れた箇所だけを修理するというものです。
画面が割れたなら画面のみを付け替えますし、充電器を指すコネクタが不調ならそれを新しいものと交換します。

修理を依頼した箇所以外は自分が使っていたものと全く変わらない姿で戻ってくるのが部分修理の特徴です。
本体交換との大きな違いは、バックアップを取る必要が無いという点にあります。
バックアップを取る手順が複雑だと感じている人には、こちらの方が手軽に思えるかもしれません。
また、部品の状態や故障した箇所の具合によっては即日どころか数時間後には修理を終えたiPhoneが手元にある可能性も大いに期待出来ます。
気を付けていただきたいのは、正規店とは違って純正ではない部品を使っていることも多く、
それによるトラブルを保証しているかは非正規修理店によって異なるという点です。
本体交換と部分修理はそれぞれに特徴があり、皆さんが置かれた状況や予算によってどちらが役立つか変わってくることでしょう。
http://repairhonpo.com/shoplist/yokohama/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA