iPhoneカメラの故障

ほんの数十年前まで、写真はカメラで撮影するのが当然と思われていました。
しかし最近では自分が持っているカメラよりもスマートフォンで撮影する
機会の方が増えているという人も多いのではないでしょうか?
iPhoneを含んだスマートフォンのカメラ性能は年々向上しています。
サイズ感もまるで手の中に納まるカメラですし、何より取り出して
すぐに撮影出来るという手軽さが幅広い世代からスマートフォンでの撮影が支持されている理由といえるのです。
今回は、そんなiPhoneのカメラが壊れる原因や修理の方法について詳しく見ていきましょう。

iPhone修理店に持ち込まれる依頼の中でもカメラの問題は様々な原因によって引き出されるトラブルといえます。
最初の問題はカメラのレンズです。
iPhoneとはいえカメラとしての機能を備えているわけですから、当然ながらレンズが存在します。
大抵は画面の裏側と画面側の2カ所にカメラがありますが、撮影する際レンズが汚れていたり、
割れたりしていると上手に画像を撮影することが出来ないのです。

撮影した画像にゴミのようなものが映っている、
影のようなものがあって対象物を上手く捉えられないといった場合は、レンズに異常がないか確認してみましょう。
iPhoneではアプリを起動させるという形でカメラを利用しますが、
あまりにもたくさんのアプリを立ち上げているとカメラアプリが上手く起動しない場合があります。
そのため、使用していないアプリは閉じてからカメラモードに切り替えた方が、スムーズに撮影に移行することが出来るのです。
これでもカメラが上手く動かないときは、一度iPhoneの電源を切ってからもう一度カメラモードに切り替えましょう。
iPhoneに導入されているOS、いわゆるiOSがアップデートされていないと、カメラが上手く動かないケースが見られます。
古いままでいるという人はいますぐアップロードして、カメラの状態を確かめてみてください。

レンズの汚れが原因の場合は自分でクリーニングをするという対処法もあります。
埃を取り除くだけなら粘着力のあるテープや柔らかい布で優しく擦ってあげると、レンズをピカピカにすることが出来ます。
強く擦ってしまうとレンズに傷が付くことも少なくないので慎重に行ってください。
iPhone修理店ではレンズの交換をはじめとしたカメラとトラブルに対処してくれます。
しかし、修理に出す前に故障の原因や状態をユーザー側が知っておくことで、修理業者に適切な説明をすることが可能になるのです。
日頃からiPhoneカメラを使うことが多いという人は、こまめに状態をチェックして撮影を滞りなく行えるように配慮しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA