iPhone修理料金の傾向

物を直すのにかかるお金をなるべく節約したいという心情は、人間であれば当然抱くものです。
直すのに必要以上にお金がかかるのなら、買い直した方が早い。
そういった思いが転じて、安くないと修理する意味がないと考えてしまうのも無理ないことと言えます。
iPhoneは正規店と非正規店という2種類のお店が修理をしてくれます。
今回は、iPhone修理に必要な料金の傾向について詳しく見ていきましょう。

iPhone修理にかかる料金は、保証期間内であれば正規店での修理の方がお得といえます。
なぜなら保証期間中は事故や過失が認められない不具合に限って、無料で本体を交換してくれるのです。
事故や過失がないというのは、例えば水没させた場合や手元から落としてしまったときなどが考えられます。
こういった原因を経ることなく、突如としてホームボタンが効かなくなった、
短期間しか使用していないのにバッテリーが膨らんでいるといったアクシデントで
iPhoneが不調になったときだけ、無償交換に応じてくれるのです。
アップルケアプラスというサービスに加入している場合は、
上記のような無過失無事故のシチュエーション以外の修理を、保証期間外になった機種にも比較的低価格で実施してくれるのです。
最新機種に至っては、アップルケアに加入しているかどうかで修理費用に済ウマ延安もの差がついてしまうこともあるので、注意してください。

また、正規店での修理においては機種ごとの料金にも差があります。
鉄則として覚えていただきたいのは、新しい機種ほど修理費用が高くつくというものです。
最新機種とそれより数代前のiPhoneでは修理費用が倍以上も違う項目も存在します。
そのため、新しい機種を購入した人は乱暴に扱うことなく、故障を避けるように心がけましょう。
非正規の修理店はお店ごとに修理のラインナップやサービスが変わってきます。
無償交換の対象となっている範囲以外は、基本的に非正規店の方が正規店よりも安く修理してくれる傾向にあります。
非正規店同士を比べる際には、修理費用だけでなく送料や保証期間、保証内容についても比べてみてください。

保証期間とは、修理を終えてからどれくらいの間品質を保証してくれるかというものです。
保証期間が半年であれば、その間は同じ個所が壊れた場合もう1度無料で修理してくれるという非正規修理店も存在します。
こうしたサービスを実践しているお店は、修理の腕に対して自信を持っていることが多いので、
比較的安心して任せられる修理店といえるでしょう。
送料に関しては、お店側が負担してくれるのか、発送時のみお客が負担するのかといった違いが見られるので、
遠くの修理店に依頼しようと考えている人は比べてみる価値がある項目といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA